キッズドアが目指すところ

日本のすべての子どもが夢と希望を持てる社会へ

日本のおける子どもの貧困

キッズドアの設立当時は、経済的に苦しい家庭の親子が参加できる無料イベント・ワークショップ・コンサートなどを開催していましたが、実際に来場したのは経済的に豊かな親子の姿が目立ちました。
それはなぜか…いろいろと調べた結果、さまざまな困難に直面している親子は、自分の地域から出てくることすら難しいことがわかりました。低賃金、長時間労働、パソコンがない…このような状況で、情報が行き届いていなかったのです。
また、保険証がないために病院に行けない、親が仕事に追われて食事も1日に1 回。金銭的余裕がないので進学をあきらめざるをえないなど、想像以上に日本の貧困問題は深刻でした。

キッズドアの使命

日本における貧困の現状から、「経済的に苦しい家庭が本当に望むこと=子どものための無料の学習指導」ととらえ、進学をあきらめることなく平等な教育・就職ができ、貧困問題が継続しないよう負の連鎖を断ち切る必要があります。
「キッズドア」という団体名は、「日本の子どもたちに社会へのドアを開けられるように」という想いを込めて名付けました。多くの学生ボランティアとともに日本の 子どもたちの教育支援に特化した活動を展開し、日本に住んでいるすべての子どもが夢・希望を持てる社会を作っていきたいと考えています。

会社名 特定非営利活動法人キッズドア
理事長 渡辺 由美子
理事 ・肘井 哲也 株式会社ビサイド 代表取締役
・伊藤 櫻エリーサ 有限会社スタジオエイジア 代表取締役
設立 2007年1月
所在地 〒104-0033
東京都中央区新川2-1-11 八重洲第1パークビル7階 日比谷線「八丁堀」駅 A4出口より徒歩2分 日比谷線・東西線「茅場町」駅 1番出口より徒歩4分 google map
TEL. 03-5244-9990 FAX. 03-5244-9991
キッズドア・ラーニングラボ TOKYO
メール entry@kidsdoor.net