キッズドアの取り組み

キッズドアは設立以来、経済的に苦しい家庭、ひとり親家庭、また、児童養護施設や被災地で暮らす子どもたち、さまざまな困難な状態にあっても、夢をあきらめず、すべての子どもが将来に希望を持って活躍できる、それがあたりまえの社会になるよう日本国内の子ども支援に特化して活動しています。

活動内容は主に、子どもの貧困・教育格差の問題解決のカギとなる「無料の学習支援事業」です。

学習支援の対象者は、生活困窮家庭の児童・ひとり親家庭の児童・児童養護施設で暮らす児童・母子生活支援施設で暮らす児童・都立高校に通う生徒たちと様々です。

キッズドアの活動内容