代表メッセージ

キッズドア理事長
渡辺由美子

キッズドアの設立のきっかけは、夫の仕事の関係で二人の息子とともに家族で英国に暮らしたことにあります。

当時、小学一年生の長男は、英語がわからず、小学校の授業が理解できませんでしたが、現地の同級生の保護者がボランティアで勉強をみてくれました。また、この学校では、教材費は寄付でまかなわれます。外国人家庭や貧しい家庭の子どもたちも、分け隔てなく、地域と学校と父母が連携し、協力して育てる社会のしくみに感動致しました。

一方で日本に帰国後感じたことは、「日本ではこんなにもお金がかかるのか」ということでした。イギリスの学校で集金されたのは、年間で500円(当時)の遠足代だけでしたが、日本では給食、教材費、写真代、修学旅行等、様々な場面で集金される事に驚きました。

「日本でも、社会と子どもをつなぐ仕組みをつくりたい!」
そんな問題意識を抱き、2007年にキッズドアを設立しました。

渡辺由美子プロフィール

千葉大学工学部出身。大手百貨店、出版社を経て、フリーランスのマーケティングプランナーとして活躍。2000年から2001年にかけて、家族でイギリスに移住し、「社会全体で子どもを育てる」ことを体験する。準備期間を経て、2007年任意団体キッズドアを立ち上げる。2009年内閣府の認証を受け、特定非営利活動法人キッズドアを設立。日本の全ての子どもが夢と希望を持てる社会を目指し、活動を広げている。